肌を気にする女性
肌に悩む女性

まつ毛が短い、細い、量がない、というコンプレックスを持っている人は病院で治療を受けることをおすすめします。
このような症状は、メイクがしずらいといったデメリットだけでなく、目にゴミやばい菌が入りやすく目の病気になりやすいという危険ももたらします。気になる場合はすぐに病院へ行きましょう。

病院での治療で使われるのがルミガンという薬です。ルミガンにはビマトプロストという成分が含まれており、もともと緑内障という目の病気に効果がある成分として、古くから使用されてきました。
しかし、使用過程でまつ毛が伸びるという副作用があることが分かり、長い臨床実験を重ねた結果まつ毛貧毛症の治療薬として広く認知されるようになりました。現在では、もっともポピュラーなまつ毛育毛剤として多くの人々に利用されています。

ルミガンの使い方は、1日1回、寝る前にまつ毛の付け根に塗布するという簡単なものです。まばたきをすることで下のまつ毛にも十分成分は行き渡りますので、上のまつ毛に塗るだけでOKです。道具は自由ですが、細いブラシを使うと綺麗に塗布することが出来るのでおすすめです。
また成分が垂れてくることがあるので、必ずコンタクトレンズを外してから塗布するようにしましょう。

万が一目に入ってしまった場合、軽度の痛みや違和感を感じることがあります。しかし、もともと緑内障の点眼薬として使われてきたので大きな弊害はありません。あまり触らずしばらく様子を見てみましょう。
また育毛効果が効いて目の周りが多毛になることがあります。そのため、出来るだけまつ毛以外につかないよう工夫して塗布することが大切です。これ以外に、耐えられない目の痛みなど重大な副作用が現れた場合は、すぐに病院へ行きましょう。

使用することで得られる効果は、長さ、量、太さのアップです。ただし、効果には個人差があり、量よりも長さが伸びた、長さより量が増えたということもあるので、自分がどのような効果を得られているのか、こまめに写真を撮って見比べてみると良いでしょう。違いを実感出来ます。

ルミガンに含まれるビマトプロストは、医療目的として使用される成分です。そのため普通のドラッグストアや薬局では売っていません。そのため眼科で処方してもらうのが最も一般的な入手方法ですが、美容外科クリニックなどで処方してくれる場合もあります。
ルミガンの効果で、長く美しいまつ毛を手に入れましょう。